「酒の升本」の源流 升本総本店公式ホームページ

史料展示室?にあったものなど

残念がら、当社関連の古い資料のほとんどは先の戦災にて消失してしまいました。

その中で、昭和末期の倉庫移転の際、取り壊した古い家屋敷・蔵などから出てきた史料などを、再開発によって建てられたビルの一室に「史料展示室」として展示してあったそうです。
現在はその展示室そのものも閉鎖されていますが、一部のものは関連会社の応接室等に飾られています。


 

munehuda

倉庫移転の際に取り壊された家屋敷から発見された「棟札」と呼ばれる木の板。
中央の「大日本家職祖神夭(天?)思兼尊」の右側には施主(升本喜兵衛)、左側には棟梁(軽部次郎吉)の名前が、下部には石工や鳶などのお名前も記されています。
裏側には明治27年11月8日と、上棟日と思われる日付が記されています。


masumoto-header

往時の酒造りの様子を描いた絵図(模写)。

同様の画題は各地で見られ、それぞれ発注者の依頼で、オリジナル部分が付け加えられているケースが多く見られます。
この絵図の場合は右下部分に見られる3つの積樽がそれで、上の白鷹の樽を、当社が商標を所有し販売していた升喜(左下)と揚升(右下)の樽が支えている形となっています。
明治期に描かれた絵図の写真をもとに戦災後に復元されたと伝えられていますが、オリジナルであるという指摘もあり、詳しいことは定かではありません(鑑定等の予定もありません)。


 

PAGETOP
Copyright © 酒類卸 升本総本店 公式HP All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.